お腹の張り

お腹の張りの原因と解消法について

慢性的なお腹の張りに悩まされている人も多いようです。一度原因を抱えてしまうとそれを解消しない限り何度も繰り返してしまうため、根本的な解消法が求められます。

体質と食生活が大きな原因もストレスや緊張でもお腹が張る

お腹の張り

難しいのはひとによって原因が異なること。体質的な面もありますし、生活習慣や病気が原因に潜んでいることも多いのです。そのためまず自分のお腹の張りにはどういった原因が潜んでいるのかを把握しておくことが大事です。

 

もっとも多いのは便秘。体内に便が溜まるとガスが作られやすくなります。

 

もともと体質的に腸の働きが弱い人もいますが、それ以上に腸に負担をかける食生活、運動不足、ストレスなどの生活習慣が深く関わります。

 

食生活では食べすぎや暴飲暴食、さらに呑気症と呼ばれる食べ物と一緒に空気を飲み込む習慣を抱えていないかどうかを見直しましょう。

 

この空気を飲み込む症状はストレスによっても生じやすいので注意したいところです。

 

意外な原因では職場などでオナラを我慢しなければならない環境が原因でガスが溜まってしまうこともあります。この点はストレスとも関わってくるので見逃せないポイントといえます。

痛みをともなうお腹の張りには思いがけない病気が潜んでいることも

それから病気。大腸がん腸閉塞といった深刻な病気が潜んでいることもありますが、それよりも過敏性腸症候群に気をつけましょう。

 

ストレスとの関連が指摘されているこの症状は原因や解消方法がまだはっきりと解明されておらず、知らず知らずのうちに発症してしまうことも多いからです。

 

便秘と下痢を繰り返す、便秘が続いてオナラが出やすくなっている人は疑ってかかりましょう。

 

女性の場合は子宮収縮などの病気でお腹が張ることもがありますが、もっと多いケースでは生理前妊娠初期に子宮と卵巣の活動が活発化することで生じることもよくみられます。病気かどうかの見極めも必要でしょう。

 

こうした原因ごとに対策方法が異なってきます。腸内環境の改善をベースとしつつ、乳酸菌の摂取から便秘薬の活用、ストレスの解消、運動といった対策を適切な組み合わせつつ自分といって最適な解消方法と環境を整えていくことが求められるのです。