お腹の張りと妊娠

タイプ別乳酸菌サプリメント人気ランキング

乳酸菌サプリ

女性のお腹の張りの原因に妊娠があります

お腹の張り10

妊娠中はお腹の張りに悩まされやすくなります。妊娠がもたらすさまざまな体の変化の一環なのですが、どういった理由がお腹の張りの原因とになるのでしょうか?

 

まず胎児の成長による子宮の膨張。胎児が成長していくに伴ってお腹が大きくなっていくわけですが、それに伴い腸が圧迫を受けます。子宮が大きくなるので腸が占めるスペースが狭くなってしまうのです。この圧迫によって腸の働きが阻害されてしまい、ぜん動運動が弱まることで排便能力も低下してしまいます。生理前の子宮の膨張でも似たような状態になりますが、妊娠中はそれとは子宮の膨張が比較にならないためお腹が張りやすい状態になります。

 

それからホルモンバランスの影響。妊娠すると黄体ホルモンが優位な環境になります。このホルモンは妊娠状態を維持するためにさまざまな作用をもたらすのですが、そのひとつに子宮の筋肉の収縮があります。胎児が子宮の中で育つための作用なのですが、この影響が腸にまで及ぶのです。子宮だけでなく腸の筋肉も収縮してしまうことでぜん動運動が弱まり、便秘になりやすい状態になります。これは妊娠初期にとくに起こりやすいもので、急に便秘に見舞われたり、お腹がパンパンに張って苦しむケースが多くみられます。

 

生活環境の変化も妊娠がもたらすお腹の張りの原因となります。まず運動不足。お腹が大きくなると体を動かすのも大変になりますし、胎児への影響を恐れて体を動かさなくなります。運動不足も腸の働きを弱める大きな原因ですから、あまり体を動かさない生活を続けていると便秘やお腹の張りが起こりやすくなるのです。それからストレスとの関係も忘れてはならないでしょう。思うように体を動かせず生活に不便が生じることへのストレス、無事子供を産むことができるのかといったプレッシャー、さらにはホルモンバランスの変化などによってストレスが蓄積しやすいのも妊娠中の特徴です。

 

こうした原因を踏まえたうえでできる範囲で対策を行っておくことが大事です。体を動かす習慣をつけるとともにストレス発散の機会を確保すること。そして乳酸菌や食物繊維で腸の働きを改善しつつ水分をしっかりと摂取すること。ちょっとした工夫だけでもお腹の張りをかなり和らげていくことができるはずです。

お腹の張りに最も効果的なのは?タイプ別乳酸菌サプリ人気ランキング

 

スポンサードリンク