お腹の張りと病気

タイプ別乳酸菌サプリメント人気ランキング

乳酸菌サプリ

お腹の張りの原因に思わぬ病気が潜んでいることもあります

お腹の張り8

お腹の張りの原因には病気が潜んでいることがあるので注意が必要です。便秘やストレスの蓄積、運動不足といった身近な原因が指摘されるためあまり深刻に捉えられない面もありますが、健康状態に深刻な問題が生じていることもあるのです。

 

お腹の張りの原因となる病気の中でも近年特に増えているのが過敏性腸症候群です。はっきりとした原因とメカニズムはまだ解明されておらず、ストレスとの関係が指摘されています。体にはとくに異常が見られないものの腸の働きが悪化してしまい慢性化するのが特徴です。この病気には便秘が慢性化するタイプ、下痢が慢性化するタイプ、便秘と下痢が交互に訪れるタイプがあり、便秘型と交互型がとくにお腹の張りの原因となります。ストレス社会の影響で発症例が急増しており、仕事や学業の支障になることも多いので注意が必要です。

 

便秘は女性に多く見られますが、女性特有の病気でもお腹が張ることがあります。卵巣のう腫です。一方男性の場合はアルコールの飲みすぎなどによる肝臓の病気がお腹の張りを引き起こしているケースも考えられます。肝炎や肝硬変など。肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、異常が生じてもなかなか自覚できる症状となってあらわれないため、お腹の張りは重要なシグナルといえます。なお、肝臓の異常ではお腹の張りとともに倦怠感が伴うことがあるので見分ける際の参考にしましょう。

 

お腹の張りが慢性化してしまっている場合には他の内臓の病気が関わっている疑いもあります。とくに慢性化しやすいのが胃炎、それから腸炎、すい炎。また胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状としてお腹の張りが見られることもあります。

 

深刻なケースでは大腸がんの疑いもあるため、お腹の張りがなかなか治らない人は一度医療機関で検査を受けてみるとよいでしょう。

 

もうひとつ、高齢者のお腹が張り原因に病気が潜んでいることもあります。男性の場合は前立腺肥大が原因になることもありますし、腹部膨満感と呼ばれるお腹のなかにガスや食べ物、尿や腹水、さらには脂肪が溜まった場合にお腹の張りが見られるケースもあります。お腹の張りは健康状態の異常を知らせるシグナルでもあることを覚えておきましょう。

お腹の張りに最も効果的なのは?タイプ別乳酸菌サプリ人気ランキング

 

スポンサードリンク