お腹の張りとストレス

タイプ別乳酸菌サプリメント人気ランキング

乳酸菌サプリ

お腹の張りの原因にはストレスや自律神経の不調が挙げられます

お腹の張り6

ストレスがお腹の張りの原因になっていることもあります。日常生活で抱えてしまうことが多いストレス。その一方で知らず知らずのうちに健康を害してしまうケースも多いものです。最近なんとなくお腹が張りやすい、便秘や下痢になる機会が多いという人はストレスの蓄積を疑ってみましょう。

 

ストレスは自律神経と深く関わっています。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスによって成り立っていますが、ストレスが溜まるような緊張や不安を抱える状態が続いていると交感神経が優位になりバランスが崩れてしまいます。その結果腸の働きが鈍ってしまうのです。このストレスと腸の働きの関係についてはまだ研究途上の段階ですが、脳と腸の間の関係が指摘されています。緊張状態が続くとお腹の調子が悪くなることがあるように、脳の働きが腸と深く連動しているようなのです。

 

ストレスによる自律神経の乱れがお腹の張りをもたらすケースで近年注目されているのが過敏性腸症候群です。とくに理由がないにも関わらず便秘や下痢になったり、便秘と下痢が交互に繰り返されたりします。さらに外出時や会議・試験といった大事な時になって急にお腹の調子が悪くなることもあります。はっきりとした原因はわかっておらず、ストレスとの関係が指摘されています。とくに便秘が続くタイプでは腸内でガスが発生されやすくなり、お腹の張りがひどくなります。しかも外出時にオナラがでやすくなるのでその緊張や不安がますます症状を悪化させたり、オナラを我慢することでガスの排出を妨げてしまうことからお腹の張りを悪化させてしまうこともあります。

 

ストレスがお腹の張りの原因となるパターンではもうひとつ、呑気症が挙げられます。これは食事の際などに空気を飲み込んでしまう症状です。ストレスが蓄積すると空気を飲み込みやすくなると言われていますし、暴飲暴食、早食い、ドカ食いといった空気を飲み込みやすい食べ方をしてしまうのも体内のガスを増やしてしまう要因となります。お腹の張りが気になる人はストレスが蓄積するような環境で暮らしていないかどうか、改めて生活環境を確認してみてはいかがでしょうか。

お腹の張りに最も効果的なのは?タイプ別乳酸菌サプリ人気ランキング

 

スポンサードリンク