植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

タイプ別乳酸菌サプリメント人気ランキング

乳酸菌サプリ

植物性と動物性の乳酸菌の違いとは?

お腹の張り16

乳酸菌には動物性と植物性の2種類あることが広く知られるようになりました。わたしたちが乳酸菌といわれてイメージするのはヨーグルトやチーズといった乳製品に含まれているもの。これらは牛のミルクから摂られる乳酸菌で動物性乳酸菌と呼ばれています。それに対して植物由来の食材に含まれている乳酸菌を植物性乳酸菌と言います。この植物性のメリットが注目を集めているのです。

 

この動物性と植物性の間にはさまざまな違いが見られます。まず細菌の生息場所。動物性はミルクに含まれていますが、植物性は広く植物に含まれています。そのためわたしたちが日ごろ食べている食材にも含まれています。それから生息する環境。これこそ最大の違いであり、植物性の大きなメリットでもあります。動物性の乳酸菌は栄養に恵まれ、環境が変化せずに一定の環境に生息しています。それに対して植物性は栄養が不足しているところや苛酷な環境においても生活することができるのです。さらに植物性は他の微生物と共存して生息することができます。こうした特徴から乳酸菌の最大の問題点となる胃酸の影響を乗り越えて生きたまま腸まで届きやすいのです。さらに食塩との影響も受けにくく、一緒に摂取しても体内で生き残ることができます。

 

こうした違いから日々の健康対策に乳酸菌を役立てていく場合には植物性乳酸菌の方が適しているといわれています。しかも先ほども触れたように植物性乳酸菌はわたしたちにおなじみの食材にも含まれています。漬物やキムチ、納豆などの植物を材料とした発酵食品に含まれているのです。サプリメントに使用されて注目を集めているラブレ菌も漬物から抽出される細菌です。こうした食材を日ごろから多く食べている人は知らず知らずのうちに乳酸菌を摂取していることになります。日本の食文化は発酵食品に恵まれており、古くから乳酸菌を摂りやすい環境なのです。しかし食生活の欧米化などの影響でこれら発酵食品を食べる機会が減っています。それが便秘などの腸内環境のトラブルをもたらす一因になっているとも言われています。サプリメントで摂取するのもよいですが、植物性乳酸菌が含まれている食材も日々の生活の中でうまく摂取してみてはいかがでしょうか。

お腹の張りに最も効果的なのは?タイプ別乳酸菌サプリ人気ランキング

 

スポンサードリンク