お腹の張りと便秘薬

タイプ別乳酸菌サプリメント人気ランキング

乳酸菌サプリ

便秘薬選びで注意する点とは?

便秘薬

お腹の張りの最大の原因ともいえるのが便秘です。便が出ずに詰まっただけでも張った感じがしますし、さらに腸内の便からガスが発生してしまいます。できれば運動や食生活の改善などで解消していきたいところですが、なかなか効果が得られず長期化してしまった場合には便秘薬の使用も検討する必要が出てきます。

 

ただ便秘薬は即効性が期待できる一方、あまり乱用すると自力での排便能力が損なわれてしまう問題点もあります。安易に便秘薬に頼ると慢性的な便秘状態に陥ってしまい、それこそ薬が手放せない状態になってしまうのです。あくまで最小限の効果で便秘を解消するため、自分に合った便秘薬を選ぶことが求められます。

 

自分に合った便秘薬とは便秘の症状を踏まえた薬を選ぶということです。便秘には大きく分けると弛緩性、痙攣性、直腸性の三種類があります。まず自分がどのタイプなのかを確認してみましょう。ぜん動運動が低下して便が硬くなってしまった場合には便の水分量を増やして排出を目指す膨張性下剤が一番適した選択肢となります。この種類の便秘薬はもっとも体内への影響が少ないとされているのでおすすめです。同じ弛緩性便秘では大腸の働きを活性化させる大腸刺激性下剤という種類もあります。

 

痙攣性便秘の場合はマグネシウムが含まれる塩類下剤と呼ばれる種類がよく使用されます。これも塩分の効果で腸に水分を集める効果があります。そして直腸性便秘の場合は坐薬タイプが良く使用されます。これは直腸の働きが弱くなって出口の近くで便が詰まってしまっている状態を坐薬によって直接改善するのが目的です。非常に優れた効果がありますが、坐薬に抵抗を感じている人や自分ではうまくできない人にはあまり向いていない面もあります。

 

注意したいのはお茶での便秘対策。センナ茶と呼ばれるお茶には下剤成分が含まれており、便秘薬にもよく使用されます。優れた改善効果がある一方、前述したように安易に使用すると自力での排便能力を損ねてしまう恐れがあるのでほとほどに使用しないとかえって便秘を悪化してしまいます。これら便秘薬の種類や使用上の注意点を踏まえたうえで適切なものを探していきましょう。

お腹の張りに最も効果的なのは?タイプ別乳酸菌サプリ人気ランキング

 

スポンサードリンク